WordPressブロックテンプレート LIQUID BLOCKS

WordPress公式 無料

無料ダウンロード

またはWP管理画面から LIQUID BLOCKS で検索

New Google の AMP for WordPress 公式サイトに掲載されました!

WordPressブロックテンプレート&ブロックパターン

LIQUID BLOCKS は、WordPressブロックエディターがさらに便利になる、ブロックテンプレートプラグインです。

WordPress最新のブロックエディター(Gutenberg)に対応。ブロックパターン作成対応どのテーマでもご利用可能AMP対応
デザイン済ブロックテンプレート:37種類

ブロックエディターのブロックテンプレート作成デモ。ダミーテキストは英語ですが、多言語(英語、日本語、スペイン語)に対応しています。

LIQUID BLOCKS の特長

コンテンツのクオリティーを上げる。
記事作成を効率化し、サイト運用の課題を解決します。

ブロックテンプレートとは

WordPressブロックエディターのブロックを組み合わせたり、デザインを変更したり、ページ全体のレイアウトを作成したものを、テンプレート化する仕組みです。 ブロックテンプレートを利用すれば、ページ全体のデザインも一瞬で完成します。

LIQUID BLOCKS では、ブロックギャラリーに種類豊富なデザインをラインナップ。
ブロックギャラリー LIQUID BLOCKS

ブロックパターンとは

WordPress 5.5 で搭載された、ブロックパターンは、ブロックの組み合わせを挿入できる機能です。
LIQUID BLOCKS なら、オリジナルのブロックパターンを作成して追加したり、ブロックギャラリーで利用することが可能です。

WordPressクラシックエディターから乗り換える方も、これからWordPressをはじめる方も、ぜひ LIQUID BLOCKS をご利用ください。
WordPress ブロックパターン

注意事項

※Gutenbergブロック機能は、WordPress本体のコア機能に依存します。本体の仕様変更等によって、プラグインの仕様も変更される場合があります。予めご了承ください。
※WordPress 5.8 で動作確認を行っております。Gutenbergプラグイン版では動作が異なる場合があります。予めご了承ください。
※Gutenbergエディターで問題が発生する場合は、よくある質問をご覧ください。

LIQUID BLOCKS の使い方

投稿や固定ページのブロックエディターで LIQUID BLOCKS を表示して、好きなデザインを選ぶだけ!
ショートカットまたはブロックギャラリーのデザイン一覧で、押下したブロックが挿入されます。 WordPress ブロックテンプレートの使い方

ブロックギャラリー

画面いっぱいにブロックテンプレートやブロックパターンを表示することができます。
ブロックのサムネイルを押下して挿入します。右上メニューから「選択」を押下し、複数まとめて「挿入」または「コピー」することも可能です。 WordPress ブロックギャラリーの使い方
WordPress ブロック ヘッドライン

ヘッドライン:画像&テキスト

WordPress ブロック レイアウト

レイアウト:カラム&グリッド

WordPress ブロック 料金表、CTA

料金表、CTA

WordPress ブロック 流体シェイプ

流体シェイプ

WordPress ブロック ランディングページ

ランディングページ:ページ全体のデザイン

ブロックパターンの作成方法

ブロックパターンを作成して、独自のブロックテンプレートを追加することができます(WordPress 5.5 以上)。

設定>LIQUID BLOCKS>ブロックパターン管理を押下します。
なお、デフォルトのブロックパターンを有効にするを「Off」にすると、WordPress標準のブロックパターンを非表示にすることもできます。 WordPress ブロックパターンの作成方法 ブロックパターンの管理画面で「新規追加」を押下します。 WordPress ブロックパターンの管理画面 管理画面のヘッダーメニューから新規作成することもできます。 WordPress ブロックパターンの新規作成 ブロックパターンのタイトル、カテゴリー、アイキャッチ画像を設定します。アイキャッチ画像(w600 x h400px)は、ブロックギャラリーで使用されます。
編集が完了したら「公開」します。 WordPress ブロックパターンの編集画面 ブロックパターンに追加されました。 WordPress ブロックパターン ブロックギャラリーにも追加されました。 WordPress ブロックパターン ブロックギャラリー ブロックパターンの表示順は、作成した公開日順です。公開日を編集することで、並び替えが可能です。

ブロックの編集

ブロックテンプレート挿入後は、テキストや画像の編集、並び替えが可能です。
ブロックの選択には、「ブロックナビゲーション」ツールが便利です。また、編集後のブロックを「再利用ブロック」に登録することも可能です。
ブロックエディターの編集方法について詳しくは、Gutenbergの便利な使い方をご覧ください。

ブロックの編集 ブロックナビゲーション

リッチテキストツール

ブロック内のテキストについても、リッチテキストツールMarkUnderlineBigSmall で多彩な装飾が可能になります。
テキスト選択>ツールバー▼ から選択できます。 リッチテキストツール

その他設定方法

ショートカット設定

ショートカットに表示する内容を設定することができます。
管理画面>設定>LIQUID BLOCKS から設定し、変更を保存します。
  • Name: 表示したい名前
  • Type: タイプ(Patterns, Headlines, Layouts...)
  • No: ギャラリー番号
ショートカット設定

ホームページ設定

作成した固定ページをトップページに設定することもできます。
詳しくは、ホームページ設定レイアウトをご覧ください。 ホームページ設定

ブロックテンプレートの拡張

LIQUID BLOCKS では、独自のブロックテンプレートやギャラリーを追加することが可能です(要カスタマイズ)。
サイト独自のデザインを追加して、さらに効率的なサイト運用が可能になります(導入事例)。
詳しくはお気軽にお問い合せください。 ブロックテンプレートの拡張

機能一覧

ブロックテンプレート 37種類

  • ベッドライン
  • レイアウト (Q&A、ランキング、カラム、ステップ...)
  • 料金表
  • CTA(クリックトゥーアクション)
  • ランディングページ

リッチテキストツール

  • Mark(マーカー)
  • U(アンダーライン)
  • Big(大)
  • Small(小)

設定

  • ブロックパターン管理
  • デフォルトブロックパターンの有効/無効
  • ショートカット設定
  • LIQUID BLOCKS 有効/無効

その他

  • 国際化対応
  • AMP対応

主な更新情報

  • v1.0.6: ブロックパターンに対応しました!
  • v1.0.5: AMP と互換性があります。
  • v1.0.0: WordPress公式プラグインとして公開
  • v0.9: サブスクリプションプラン限定公開

どのテーマでもご利用可能ですが、テーマによってはブロックの見栄えが異なる場合があります。
本プラグインには LIQUID PRESS シリーズテーマ がおすすめです。

ご感想やご要望は、Twitterでハッシュタグ #liquidpress を付けてつぶやいてください!
ぜひ、@lqd_jpもフォローしてください!


3秒でデザイン完成!Gutenbergブロックテンプレート LIQUID BLOCKS
価格 無料
仕様 WordPress公式プラグイン
ライセンス GPL(商用利用可、著作権表示削除可、設置数等制限なし)
動作環境 WordPress 5.0以降、ブロックエディター
サポート -

無料ダウンロード

またはWP管理画面から LIQUID BLOCKS で検索

PageTop