• WordPress多言語対応マニュアル

    多言語対応テーマでは、多言語サイトを簡単に構築することができます。
    言語切替リンク、Google推奨の言語アノテーション(hreflang) に対応しています。
    ※記事の翻訳機能はありません。別途翻訳サービス等をご利用ください。

    多言語化方法の比較

    多言語対応テーマ
    (マルチサイトなど利用)
    多言語対応プラグイン
    メリット
    • 言語別のデザイン変更が簡単
    • メニューやウィジェットが言語別に設定できる
    • 管理者ユーザーを言語別に作成できる
    • プラグイン同士の干渉リスクがない
    • データベースに変更を加えない
    • 言語別記事の作成、管理が簡単
    • ひとつのサイト、ひとつテーマで管理できる
    デメリット
    • 言語別記事の作成、管理が手間
    • マルチサイト作成が必要
    • 言語別のデザイン変更が難しい
    • メニューやウィジェットが言語別に設定できない
    • 管理者ユーザーを言語別に作成できない
    • プラグイン同士の干渉リスクがある
    • データベースに変更を加える
  • 多言語対応方法

    多言語対応テーマ

    サイト構成

    多言語対応テーマでは、下記のようなディレクトリ型のサイト構成で多言語化が可能です。
    New サブドメイン型にも対応しました。

    例1

    • 日本語: http://www.example.com/
    • 英 語: http://www.example.com/en/
    • 中 文: http://www.example.com/zh/

    例2

    • 日本語: http://www.example.com/ja/
    • 英 語: http://www.example.com/en/
    • 中 文: http://www.example.com/zh/

    例3

    • 日本語: http://ja.example.com/
    • 英 語: http://en.example.com/
    • 中 文: http://zh.example.com/
  • マルチサイト作成

    WordPressのマルチサイト機能を利用して、言語別WordPressサイトを構築する方法をご紹介します。
    マルチサイトではなく、WordPressを複数インストールする方法でも利用可能です。その場合は複数サイト構築後、テーマの設定に進んでください。
    マルチサイトの詳しい解説は公式ドキュメントをご覧ください。
    ※マルチサイトについては、WordPress標準機能のため、サポート対象外とさせて頂いております。

    1. 既存サイトの場合は、データベースとファイルのバックアップを取得します。
    ※WordPress本体はドメイン直下にインストールします。

    2. マルチサイトの許可をします。
    wp-config.php ファイルを開き、/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */ よりも上に次の行を追加します。 define ('WP_ALLOW_MULTISITE', true);

    3. ネットワークの設置をします。
    管理画面>ツール>ネットワークの設置 メニューが追加されているので開きます。
    ※プラグインを無効化するようメッセージが表示されたら、プラグインを無効化します。
    設定を確認します。
    ネットワーク内サイトのアドレスは「サブディレクトリ」を選択します(この設定は後で変更できません)。
    ※WordPress本体をディレクトリにインストールしている場合はアドレスが制限されます。
    「インストール」ボタンを押します。

    4. ネットワーク設定の有効化をします。
    wp-config.php と .htaccess に追加、置換すべき内容が表示されます。
    各ファイルを更新します。

    5. サイトネットワーク管理者設定をします。
    再ログインすると、「サイトネットワーク管理者」メニューが追加されます。
    ※今後、テーマやプラグインは「サイトネットワーク管理者」メニューから有効化します。
    ※投稿や固定ページ、テーマ設定などは各サイトの管理画面ダッシュボードから行います。 親サイトが作成されていますが、デフォルトでは投稿URLに「blog/」が追加される場合があります。
    これを削除するには、サイトネットワーク管理者>サイト>設定 から「Permalink Structure」の「blog/」部分を削除して「変更を保存」します。 ※環境によっては「blog/」が追加されない場合もあります。その場合は設定不要です。 ※サイトのダッシュボード>設定>パーマリンク設定 はこの設定の後で行ってください。投稿ページが 404 Not Found になる場合は、パーマリンク設定を一旦「基本」にして保存した後、再度設定し直すと解決します。

    6. サイトネットワーク管理者>サイト>新規追加 からサイトを追加します。
    多言語サイトのアドレスは、サイト構成の例のように、ISO 639-1言語コード(ja, en, zh など)をサブディレクトリ名にします。

  • テーマの設定

    サイトネットワーク管理画面からテーマをインストールおよび「ネットワークで有効化」します。
    管理画面>外観>テーマ から各サイトでテーマを選択します。

    管理画面>外観>カスタマイズ>多言語対応 からサイト別に設定をします。
    下記を参考に設定してください。下記はサイト構成(例1)のタイプです。

    例:日本語サイト / 英語サイト
    動画マニュアル
  • 言語切替

    ヘッダーに言語切替リンクが自動的に表示されます。
    また、言語切替リンクを、ウィジェットとして好きな場所に設置することもできます。
    管理画面>外観>カスタマイズ>ウィジェット から「言語切替」ウィジェットを選んで配置します。

  • 日付のフォーマット

    WordPress管理画面>設定>一般設定>日付のフォーマット から設定します。
    詳細なカスタマイズについては、日付の書式をご覧ください。

  • 記事の設定

    各言語の投稿や固定ページの「パーマリンク」のスラッグ名を同じにします。
    これだけで言語間で自動的にリンクされます。 ※コンテンツの翻訳機能はありません。

    また、他言語版へのリンクを表示したくない場合は、カスタムフィールドを新規追加し、下記のように入力します。
    名前: lang / 値: none

  • 言語の設定

    管理画面>設定>一般設定 から「サイトの言語」を設定します。サイト上のUI表記は、この言語が反映されます。
    また、インターナショナリゼーション(国際化/i18n)に対応していますので、翻訳ファイルを作成することで様々な言語に対応することができます。
    詳しくはWordPressの公式ドキュメントなどをご覧ください。
    ※デフォルトでは英語と日本語の表記に対応(翻訳ファイルを同梱)しています。

  • 子テーマの作成(任意)

    テーマカラーやスライドショーなどは言語別サイトの管理画面から変更することができます。
    追加で、言語別にレイアウトなどをカスタマイズする場合、子テーマの作成がおすすめです。子テーマについて詳しくは子テーマの作り方をご覧ください。カスタマイズを行わない場合、子テーマ作成は不要です。