• カスタマイズ方法

    基本的なカスタマイズ方法を解説します。項目はテーマによって異なります。

  • 投稿の編集

  • 画像の配置

    配置した画像を押して、「左寄せ」や「右寄せ」に設定することで、画像にテキストを回り込みすることができます。

  • 画像の回り込み解除

    「横ライン」(hrタグ)を入力することで、画像の回り込みを解除できます。
    または、回り込み解除したい直前の要素に「clearfix」classを付けて回り込みを解除します。

  • YouTube動画

    YouTube動画を埋め込み、表示できます。
    また、動画の自動レスポンシブ表示にも対応しています。
    埋め込みコードの取得方法は、動画を埋め込むをご覧ください。

  • アイコンフォント

    美しいアイコンフォントを使用することができます。
    class名を指定するだけで、アイコンを表示します。
    使用できるアイコンの一覧とclass名はこちらをご覧ください。
    サンプル:<i class="icon-home"></i> アイコン → アイコン アイコンフォント

    また、メニューにアイコンを表示する場合は、下記のようにラベルを指定します。
    サンプル:<i class="icon-mail"></i> お問い合せ アイコンフォント メニュー設定 アイコンフォント メニュー

    なお、ウィジェットで使用する場合、「タイトル」にはHTMLタグが使用できませんので、「内容」の方に入力してください。
    内容:<div class="ttl"><i class="icon icon-mail"></i> お問い合せ</div>

  • ウィジェットの編集

  • 最近の投稿(画像付き)

    WordPress管理画面>外観>カスタマイズ>ウィジェット から設定します。
    表示したいエリアで「最近の投稿(画像付き)」ウィジェットを選択し、タイトルと表示件数を入力します。

  • Facebookページ Like Box

    WordPress管理画面>外観>カスタマイズ>ウィジェット から設定します。
    表示したいエリアで「Facebook Page Plugin」ウィジェットを選択し、タイトルとFacebookページURLを入力します。

  • Google AdSense

    WordPress管理画面>外観>カスタマイズ>ウィジェット から設定します。
    表示したいエリアで「テキスト」ウィジェットを選択し、広告コードを入力します。 また、Google AdSense公式プラグイン を利用すれば直感的に広告をすることが配置できます。

  • 人気記事(画像付き)

    WordPress Popular Posts プラグインを利用して表示することができます。
    WordPress管理画面>外観>カスタマイズ>ウィジェット から「WordPress Popular Posts」を配置して設定します。
    参考:デモサイトの設定内容は下記の通りです。アクセスが記録されるまでは表示されません。

  • プラグイン

  • プラグインの有効化

    WordPress管理画面>プラグイン からプラグインの管理や新規追加ができます。
    サイトで利用するプラグインは「プラグインを有効化」する必要があります。
    最初からインストールされている、日本語対応プラグイン「WP Multibyte Patch」、スパム対策プラグイン「Akismet」は有効化することをおすすめします。

  • プラグインのインストール方法

    WordPress管理画面>プラグイン から「新規追加」を押します。 プラグイン名などを入力し、エンターを押して検索します。
    似たようなプラグインがたくさんあるので、評価やインストール数、お使いのWordPressバージョンに対応しているか確認し、問題なければ「いますぐインストール」を押します。 インストールが完了しました。と表示されたら「プラグインを有効化」を押します。これでインストール完了です。

  • その他

  • Twitterカード

    テーマはTwitterカードに対応しています。
    Twitterカードを表示するためにはTwitterの承認が必要です。
    サイトで使用するアカウントでTwitterにログインし、下記URLにアクセスし、テーマを有効にしたサイトURLを入力します。
    Card validator 問題なければ下記のようにプレビューが表示されます。実際のTwitterでも確認してください。
    表示されない場合は古いキャッシュが残っている場合があるので、何度かプレビューを試してみてください。

  • Googleマップ

    Googleマップ対応テーマでは、カスタマイザーから簡単に埋め込みコードを入力できます。
    例: <iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m18!1m12!1m3!1d3239......4oiS77yS!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1452994167427" width="600" height="450" style="border:0" allowfullscreen></iframe> Googleマップの埋め込みコード取得方法については、下記公式ヘルプをご覧ください。
    マップヘルプ